長期優良住宅保証制度

ホーム › 家づくりの基礎知識 › 長期優良住宅保証制度

家づくりの基礎知識長期優良住宅保証制度

これから日本の家づくりが変わります。

地球温暖化が世界規模の深刻な問題となっている現代。家づくりの観点からもCO2の削減を促すため、2008年、政府が200年住宅ビジョンを掲げ日本の住宅政策を大きく転換しました。これまでの住宅政策の流れの中でつくられてきた日本の住宅は、30年で寿命を迎える短命なものでした。世界の住まいの平均寿命を見ても、アメリカの55年、イギリスの77年に対し、極端に短いのが現状です。短命な住宅は、建て替える度に貴重な資源を消費し、大量の廃棄物を生み出します。これからの日本が目指すのは、「いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」ライフスタイルです。長寿命かつ省エネで地球環境に配慮し、資産としての価値が高く維持でき、世代を超えて長く住み続けられる。そんな住宅づくりが求められています。

長期優良住宅には、国(政府)からのこんな後押しがあります!

長期優良住宅 税制優遇
    一般住宅(自己居住用新築特例) 長期優良住宅
国税 登録免許税 ①保存登記 1.5/1000
②移転登記 3.0/1000
③抵当権設定登記 1.0/1000
①1.0/1000
②1.0/1000
③1.0/1000
地方税 不動産取得税 1,200万円控除 1,300万円控除
固定資産税 <戸建>1~3年目 1/2軽減 <戸建>1~5年目 1/2軽減
床面積120㎡までの固定資産税を1/2に軽減
減税期間
住宅ローン減税制度の延長および拡充等
  現行制度   一般住宅 長期優良住宅
控除対象借入限度額 2,000万円 5,000万円 5,000万円
控除期間 10年または
15年の選択制
  10年 10年
控除率

【10年の場合】
1-6年目:1.0%
7-10年目:0.5%

【15年の場合】
1-10年目:0.6%
11-15年目:0.4%

  1.0% 1.2%
最大控除額 160万円 500万円 600万円

資産価値を高め、維持管理が簡単。長く安心して暮らせる住宅です。

「いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」という考え方への移行は、建て替えの際、さらには暮らし始めてからもCO2を削減することができ、地球温暖化防止にもつながります。人の寿命を超える長期優良住宅は、街並みへの配慮を促す力を持ち、住み替え、住み継ぎを考慮に入れたメンテナンスを繰り返せる住宅です。
お問合せ・資料請求
  • 人とエネルギーの未来を創造する エネジンのLPガス
  • エネジンソーラー
  • エネジンアクア enegene Aqua
  • エネジンハウス
  • 大好きな家だから、もっと快適に ecoリフォーム
  • エネジン空調システム
  • エネジン株式会社
  • 節電しながら災害時に備える エネジン蓄電池システム